専用ダイヤル 0120-719-373(ナークイック ミナミ)お電話でもお申し込みいただけます。平日9時から17時まで

プライバシーポリシー

私ども(株)南日本銀行(以下、「当行」という。)は、当行のお客様の個人情報ならびに当行の業務上の取引に関連して取得する個人情報について、下記の方針に基づき適正かつ厳格に取扱うことを宣言します。

取組み方針(要約)

  •  1.当行は、個人情報保護に関する法令等を遵守します。
  •  2.当行は、不正な手段での個人情報の取得はいたしません。
  •  3.当行は、個人情報の利用目的を特定し公表します。
  •  4.当行は、利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を利用することはいたしません。
  •  5.当行は、業務上の必要性から個人情報を外部委託業者、共同利用者に提供する場合には、適正に取扱いがなされるよう監督・指導します。
  •  6.当行は、個人情報の安全管理措置に万全を期し、情報漏洩を未然に防止します。万一個人情報が漏洩した場合には、遅滞なくマスコミ等を通じてその事実を公表し、対象となった本人に通知するとともに、改善対応策を策定します。
  •  7.当行は、正当な理由に基づいて本人またはその代理人から保有個人データの開示、利用目的の通知、訂正、利用停止、及び第三者提供停止等があった場合には、法令等に基づき、遅滞なくこれを行います。
  •  8.当行は、個人情報の取扱いに関するお客様の苦情・相談窓口を設け、迅速な対応に努めます。
  •  9.当行は、個人情報保護法の主旨及び行内の関連諸規程等について、従業者の教育を徹底し、個人情報の厳正な取扱いに努めます。
  • 10.当行は、個人情報保護に関する方針及び取組みを継続的に見直し、万全な態勢整備を図って参ります。

1. 個人情報保護に関する法令等の遵守について
当行は、個人情報の取扱いに関し、「個人情報の保護に関する法律」および関係法令等を遵守することに加え、本プライバシーポリシーをはじめとする当行諸規定の下、個人情報の適切な保護と利用に努めてまいります。
2. 個人情報の取得、利用または第三者への提供について
  • (1)当行は、偽りその他不正な手段により個人情報を取得することはありません。また、機微情報(政治的見解、信教、労働組合への加盟、人種及び民族、門地及び本籍地、保健医療及び性生活ならびに犯罪歴に関する情報)については、お客様の同意に基づき業務遂行上必要な範囲で同情報を取得、利用または第三者への提供を行う場合、法令等に基づく場合等を除き、その取得、利用または第三者への提供はいたしません。
  • (2)当行は、お客様との円滑な取引や、お客様へのより良いサービスの提供のために、個人情報を取得、利用いたしますが、個人情報の取得、利用に当っては、その利用目的を特定し、当行のホームページ等で公表します。また、利用目的を変更した場合は、変更した利用目的について、当行のホームページ等で公表します。なお、与信業務に際して個人情報を取得する場合には、その利用目的についてご本人の同意を得ることとします。
  • (3)当行は、ご本人の同意を得ている場合、法令に基づく場合等を除き、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはいたしません。利用目的が明確になるよう具体的に定めるとともに、利用目的を限定するよう努めます。
  • (4)当行は、当行とご本人との間で契約を締結することに伴って、直接書面に記載された情報源から個人情報を取得することがあります。例えば、預金口座ご新規申込書などご本人からの申込書等の書面の提出、Web等の画面へのデータ入力、また、各地手形交換所等の共同利用者や個人信用情報機関等の第三者から個人情報が提供される場合などがあります。
  • (5)当行では、情報システムの運用・保守に関わる業務やダイレクトメール発送に関わる事務など、利用目的の達成に必要な範囲内で個人データの取扱いを外部に委託することがあります。当該委託に当っては、委託する個人データの適正な取扱いが確保されるための契約を締結し、定期的にその取扱い状況を点検します。また、当行では、当行の子会社等との間で個人データを共同利用することがありますが、当該共同利用に当っては、保護法等に基づき、共同利用者の範囲等の必要事項を定め、当行のホームページ等に公表することにより、当該必要事項をお客様が容易に知り得る状態に置くこととします。
3. 個人データの管理方法及び漏洩等の防止等について
  • (1)当行は、取得した個人データを適切に管理するため、保護法等に基づき、個人データを取扱う部署ごとに管理者を設置する等、組織的・人的・物理的・技術的な安全管理措置を講じることとします。このうち、個人データの漏洩等に対しては、不正アクセス対策、コンピュータウイルス対策等の適切な情報セキュリティ対策を講じることにより、その発生を未然に防止します。
    なお、万一個人情報が漏洩した場合は、遅滞なくマスコミ等を通じてその事実を公表し、対象となったご本人にご通知するとともに、改善対応策を直ちに講じることとします。
  • (2)当行は、取得した個人データを正確かつ最新の内容にするよう常に適切な措置を講じるよう努力します。
4. 保有個人データの開示、訂正等のご請求等について
  • (1)当行は、保護法等に基づき、ご本人またはその代理人からの保有個人データの「開示」、「訂正、追加または削除」及び「利用の停止または消去あるいは第三者への提供停止」のご請求を受付いたします。当該ご請求をご希望の場合は、ご本人が取引されている当行本支店にお申出いただければ、ご本人であることを確認(ご本人の確認資料として、当行お取引の届出印及び運転免許証等が必要となります)させていただいたうえで、当行所定の書面をお渡しいたしますので、必要事項を記入・押印のうえ、当該取引店にご提出ください。結果につきましては、当行からご本人に対して書面によりご連絡いたします。ただし、「開示」のご請求につきましては、次のいずれかに該当する場合には、その全部または一部を開示しないことがあります。
    (ア)本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する場合
    (イ)当行の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす場合
    (ウ)他の法令に違反することとなる場合
    なお、当該ご請求のうち、「開示」のご請求の際は、当行所定の手数料をご負担いただきます。
  • (2)当行は、当行が行うダイレクトメールや電話によるご案内等のダイレクトマーケティングについて、ご本人がご希望されない場合は、当行所定の方法により、ご本人であることを確認させていただいたうえで、直ちに取扱いを中止させていただきます。
5. 個人情報の取扱い及び安全管理措置に関する質問、苦情について

当行の個人情報の取扱い及び安全管理措置に関する質問、苦情については、下記のお客様相談窓口で受付いたします。
ご質問に対しては、速やかにご回答することとし、苦情に対しては、迅速に事実関係を調査したうえで、誠意を持って対処することとします。

【個人情報の取扱い及び安全管理措置に関するお客様相談窓口】

部署名 : コンプライアンス統括部お客様相談グループ
住所 : 鹿児島市山下町1−1 (〒892-8611)
電話 : 099-226-2670(受付時間:銀行営業日の平日9時~17時)

6. 個人情報保護への取組み方針の維持・改善について
  • (1)当行は、適切な法令等遵守体制を構築し、個人情報が上記の方針に基づき適正に取扱われるよう従業者への教育・監督を徹底し、取扱いの状況を点検するとともに、継続的に上記の方針を見直し、個人情報保護への取組みを改善していくこととします。
  • (2)当行は、本方針ならびに本方針に関連する事項については、営業店窓口に資料を備付けいたしますのでご希望の方はお申出下さい。
7. 加盟する個人情報保護団体について
  • (1)当行は、金融分野における認定個人情報保護団体である全国銀行個人情報保護協議会の会員です。全国銀行個人情報保護協議会の苦情・相談窓口(全国銀行協会相談室および銀行とりひき相談所)では、会員の個人情報の取扱いについての苦情・相談をお受けしております。
    全国銀行個人情報保護協議会  http://www.abpdpc.gr.jp/
    【苦情・相談窓口】
    TEL : 03-5222-1700(全国銀行個人情報保護協議会専用ダイヤル)
    またはお近くの銀行とりひき相談所
  • (2)当行は、金融庁の認定を受けた認定個人情報団体である日本証券業協会の特別会員です。
    同協会の個人情報相談室では、協会員の個人情報の取扱いについての苦情・相談をお受けしております。
    日本証券業協会個人情報相談室  http://www.jsda.or.jp/
    【苦情・相談窓口】
    TEL : 03-3667-8427

当Webサイトでは、以下に基づき個人情報を保護・取扱いしております。 個人情報の保管・管理につきましては、個人情報保護に関する方針に従い、皆様の一人一人の情報を十分に配慮し慎重な個人情報管理体制を築いていきます。

●適切な個人情報の利用目的について
個人情報の取得は、常に利用目的を明確に定め、それ以外での利用は一切行いません。
●個人情報の保護管理・セキュリティー対策について
個人情報の漏洩、紛失、不正アクセス等の危険に対して、できる限り細心の注意を払って、対応していきます。
●個人情報取扱上の法令・編領・規制について
個人情報を取扱う業務の遂行にあたっては、国内法令はもとより、社内の既定に準拠して行動していきます。

株式会社南日本銀行



このページの先頭へ

すぐにお申し込み